読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つのつむじ

関西の就活生です。自分の備忘録がてら、就活の記録を残していきます。他の就活生にも役立てば幸いです。

コンサル就活~A.T.カーニーの選考記録(ケース面接)

就活

先日、A.T.カーニーの一次面接に行ってきた。ざっくりと内容をまとめる。

 

選考の流れ

配布された用紙に記入する個人ワーク10分→別室で面接20分

 

お題

「パン屋の売上を上げるために、優先的に施策を打つべき要素を挙げよ」

 

用紙の内容

あらかじめ、売上=来店客数×購入率×購入点数×商品単価という因数分解が示されている。記入しなければならないのは、以下のA、Bの二つの項目である。

A:店舗の設定

B:優先の要素、各要素の改善余地、その理由、うつべき施策

 

面接の内容

・今興味持ってることを1分程度で簡単に

・書いたことを順番に説明して

・来店客数が一番と書いてるけど、現状の店舗の位置的に来店客数はクリティカルな問題なのか?

・来店客数ふえたら購入率は下がらないの?それは問題なのか、仕方ないことなのか?

・購入点数の改善として、挙げていることは本当に起こる事象か

 

 

雰囲気

・全然こちらの答えが良いものでなくても(少なくとも表面上は)丁寧親切に問を投げてくれたり、参考になりそうな事例を話してくれた。

・にこやかで圧迫感はない

 

感想

来店客数を考える際、現在のセグメントにとらわれて、そのセグメントに訴求するにはということを考えていたが、そもそももっと幅広い顧客層に受け入れられるためにはどうすれば良いかを考えるべきだったかもしれない。要するに視野が狭すぎた。

 

 

 追記(2017年3月8日)

なんだか知らないが通過していた。勝因を無理やり絞り出すならば、面接官の的確なツッコミに対して、無理に言い返そうとして意固地になるのではなく、素直に相手の意見の正しさを認めたことだろうか。