読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つのつむじ

関西の就活生です。自分の備忘録がてら、就活の記録を残していきます。他の就活生にも役立てば幸いです。

コンサル就活 A.Tカーニーの選考記録

就活

先日、A.T.カーニーのスプリングジョブ筆記試験に行ってきた。

結論から言うと、無事通過していた。だが実は、オータムとウィンターの2回、この筆記試験の段階でみごとに落ちた。だから、3回筆記を受けた経験も含めて選考記録を残す。

 

【実施時期】

2月下旬。東京会場は2日間候補がありどちらか選べたらしい。自分は京都会場に行ったので、日程は1択だった。

 

【テストの分量】

40分で17問。一問あたり2,3分で解く必要がある。

 

【難易度】

構成的には、公務員試験の判断推理のような問題が6、7割、残り3割が文章理解とGMAT的な問題である。

個人的にはA.T.カーニーの筆記は「超難」だと思う。ほかの就活サイトを見ると、「やや難」とか書いているが、それを信じてオータムで初めて問題を見たときは「バカヤロー」と思った。

判断推理がかなり難しく、手を付けたものの答えが出せないものが2問ほどあった。一方、文章理解はかなり簡単だという印象。

オータム、ウィンターで見た問題が少なくとも5問はあったので、それらの試験後に問題をきちんと記録して時間をかけて正答を出していた人は、かなり有利だったと思われる。

 

【選考結果通知】

試験当日から5日後にマイページに連絡

 

【次回選考】

30分ほどの一次面接

 

次回の面接が怖い。ウィンターの一次に行った人によると、(PwCと異なり)ガチガチのロジックをロジックを求められるらしい。まあコンサルは普通そうで、PwCが特異なのかもしれないが。

一次を通過すれば、次の面接は東京までの交通費が出るので、とりあえず一次は通過したい。